診療案内 [ 診療科目 ]Menu


 

【 予防 】

狂犬病予防接種や混合ワクチンなどの予防接種、フィラリア、ノミダニ予防。

  • 混合ワクチンの接種は「午前中の来院」をお願いしております。
  • 狂犬予防接種は、いつでも接種可能です。注射の際には区から届いた用紙をご持参ください。
    なお、目黒区・世田谷区・渋谷区の地域の方は、4~6月の期間、区役所での代行手続きをいたします。

【 仔犬仔猫の健診 】

初回健診時、または初回ワクチン接種時 に検便を無料でやっております。新鮮な便を小指の先くらいの量でお持ちください。ワンちゃんで、咳や下痢嘔吐の症状、ネコちゃんで鼻水クシャミ、目やに、下痢の症状がひどい場合は来院前に事前にご連絡下さい。

【 健康診断 】

一般身体検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査が含まれます。年齢や健康状態に応じてご相談ください。尚、11月から2月までは特別価格にて実施しております。

【 一般内科 】

消化器、循環器、内分泌、血液内科、神経、生殖器など。

【 一般外科 】

避妊去勢手術、軟部外科など。

【 腎泌尿器科 】

膀胱炎や腎不全、腎炎などの一般的な腎泌尿器疾患に加えて、院長が大学病院で経験した幅広い検査と治療(内科・外科)を行なっております。

【 皮膚科 】

当院の獣医師は日本獣医皮膚科学会の認定医です。一般的な皮膚病や外耳炎の他に、特にアトピー性皮膚炎の治療(一般的な薬物療法の他、より全身的な副作用の少ない減感作療法やシャンプー療法など)に力をいれております。個々の患者様にあった治療オプションをご紹介できるように最新の治療をアップデートしております。当院で対応が難しい特殊症例につきましては、所属しております大学でご指導頂いております。

  • 初診の方はまずはお電話でご連絡ください。

【 腫瘍科 】

ペットの高齢化や診断技術の進歩により、がんと診断されるケースが増えています。当院では、的確な検査を行い、正しい診断、早期治療を心がけています。また、対応が困難な特殊症例におきましては、アドバイザーとして、日本獣医がん研究会Ⅰ種認定医である辻堂犬猫病院の堀英也先生にご指導頂いております。
当院で行えない外科手術や放射線治療等に関しましては、二次診療施設を紹介させて頂きます。

【 眼科 】

眼科は獣医療の中でも特に専門性の高い分野です。当院では、眼科の二次診療施設であるどうぶつ眼科EyeVetに所属する中西彩子先生による診療を月に一回行っております。セカンドオピニオン、眼科検診、その他気になる症状がある場合はご相談ください。

  1. 初診の方はまずはお電話でご連絡ください。

【 整形外科神経科 】

外傷性の捻挫・脱臼・骨折や高齢化による骨・関節の変化、椎間板ヘルニアなどの脊髄疾患、遺伝的・先天的な異常の検査(PennHipなど)と治療。根治または症状緩和のための各種外科手術、慢性疾患においては生活の質を保てるよう、早期診断による痛みの緩和と必要な生活指導を行っております。場合によっては、より専門的なリハビリケアを行っているリハビリテーション専門病院であるD&C Physical Therapy長坂佳世先生をご紹介させて頂きます。また、当院にて対応が困難な特殊症例におきましてはアドバイザーとしてDVMsどうぶつ医療センター横浜の小林聡先生にご指導頂いております。

超音波診断装置

image

内視鏡

眼科器具(双眼倒像鏡、眼圧計)

眼科器具(スリットランプ)

整形外科器具

診療案内 [ サービス ]Menu

【 預かり 】

入院施設のスペースを利用して預かりサービスを行っております。

【 シャンプー 】

健康な皮膚の子はもちろん、急性、慢性の皮膚病の子や様々な体質の皮膚の子に対して、皮膚の状態をチェックした上で、薬浴やマイクロバブルシャンプー(体重10kgまで)を行っております。全てのシャンプーに爪切り、肛門腺しぼり、耳掃除、足裏のバリカンがついています。

  • 預かり、シャンプーのサービスは当院の患者様に限らせて頂き、完全予約制となっております。
  • 体調の確認のため、お預かり前に獣医師による診察(別途診察料がかかります)と感染症予防のため、1年以内の混合ワクチンの接種と1ヶ月以内のノミダニ予防をお願いしております。
  • 予約状況やその子の性格や体格によってはお受けできないケースもございます。事前にご相談ください。
  • お預けとお迎えは診察時間内にお願いしております。